2007年04月10日

税理士の年収が気になる

税理士年収はどれくらいか。

資格で食っていく時代において、税理士というのはかなり重要な位置づけにあります。
それだけに、メジャーな資格の一つである税理士年収は気になるところです。

開業税理士の平均年収約900万円といわれています。
二世税理士だと年収はさらに増えて1000万円から2000万円とも。


一方で、税理士年収は、税理士になる過程に左右されるとも聞きます。
税理士になるパターンは大きく二つに分けられ、一つは資格試験に合格して税理士になるというもの。
もう一つは国税庁に勤めて税理士の資格を得るというものです。

税理士年収が高いと言われる方は、後者の公務員上がりのほうです。
税務署に顔が利くことを最大の利点として商売がしやすいからです。

そういう観点からすれば、年収の多い税理士を目指すために、公務員を目指すことも有力な方法です。


しかし、公務員試験は年齢制限があります。

資格試験で合格した税理士は本当に不利なのでしょうか。

そんなことはありません。

税理士の資格を条件とした求人は多くあります。
年収が高いのは実務経験者に多いのは当然かもしれませんが、税理士の資格取得者レベルでも年収が500〜800万円というものざらにあります。

特に税理士の知識を生かしたコンサルティング業務だと、年収が数千万円レベルに突入します。
これには税理士としての経験が必須になってくると思いますが。


また、税理士をはじめとした会計関係の専門求人サイトは数多くあります。

経済活動をしていれば企業ならすべて税金に関わります。
個人であっても生活する限りは税金に関わります。

そういう意味でも税理士は今後も必要とされる職業であり、転職しやすい職業でもあり、不況に強くそれなりの年収も確保できるのが税理士という資格なのではないでしょうか。


税理士年収は、サラリーマンの年収よりもずっと夢があると思います。
かなりの頑張りや、運も必要かもしれませんが、億単位で稼げる可能性もあるのです。

そういう意味では、税理士の資格取得を真剣に考える価値は十分にあるでしょう。

参考RSS情報
タグ:税理士 年収
posted by 税理士の年収はおいくら at 05:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 税理士の年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。